FX初心者がしっておきたい4つのコツとは?


 現在ではスマホで手軽に取引に参加できるようになったFX(海外為替証拠金取引)。
そのカンタンさから専門トレーダーだけではなく一般層にも支持されるようになった投資法ですが、きちんとリターンを出すためにはちょっとしたコツも必要です。
ここではFX取引において知っておきたい4つのポイントを解説していきます。

《レバレッジはスタイルに合わせて使い分けよう!》
業者によっては200倍~800倍という超ハイレバレッジが可能となったFX。
でも何でもかんでもハイレバレッジにすれば良いというわけではありません。
数ヶ月といった長期的な取引を行う場合には、ハイレバレッジは使わない方が賢明です。

数ヶ月後の予測を確実に行うというのは、ベテラントレーダーでも難しいもの。
ですから4%~8%程度のレバレッジに抑え、リスクを回避しておくことが重要になるのです。

反対に高めのレバレッジで強気な取引を行えるのが、数時間後といった短期の取引です。
例えば1日程度の区切りであれば、大きくても3円未満、通常であれば1円未満の小さな値動きにしかなりません。
現在価格が1米ドル99円の場合、98円50銭~99円50銭といった小さめの値幅で、更に短めの超短期型取引を行うのです。
ハイレバレッジの取引でも、このような超短期型取引で早めに損切りを行っていけば、損失を抑えていくことができます。

レバレッジをうまく使い分け、自分の取引スタイルに合った設定を心がけていきましょう。
なおハイレバレッジ取引を行う場合には、一度損失が出た時点で予測を全面的に建てなおすことも大切です。
一度外れた予測は、その後の取引にも影響を及ぼすことが多々あります。
「すぐに取り戻さなくては」と焦って取引を続けず、一度体制を立て直しましょう。

《入力間違えには要注意!》
現在のFX取引では、パソコンもしくはスマホが主なインターフェースとなっています。
そのため多発しているのがキーボードのタッチミスやスマホの操作ミスによる誤注文です。
特にスマホの場合には指をちょっと滑らせただけで入力間違えをしやすく、思いもかけないミスが起こってしまうことが少なくありません。

取引をスタートした頃には誰もが注文画面を注視しますが、少し慣れた頃になると気楽にEnterボタンを押してしまうものです。
画面はしっかりと確認し、必ず見直しを行うようにしましょう。

《セキュリティ配慮を忘れずに》
現在のFX各業者におけるセキュリティ設定は非常に高いものになっています。
しかしどちらかというと、ユーザー側におけるセキュリティ管理が杜撰になっているケースが多いようです。

・ログインID
・パスワード
・口座番号
・メールアドレス

上記のような個人情報を誰にでも見られるデスクトップや共有フォルダ等に入れていないでしょうか?
セキュリティ情報は第三者から盗み見られることが無いように十分に配慮しておきましょう。

《リスク管理を考えたFX業者選びを》
アクセスの過剰集中によるサーバダウン、それによるFXの取引停止…このような事態はぜひとも避けたいところではありますが、実際に過去には発生したことがあります。
確かに現在では各FX業者のサーバ増設は非常に重視されており、稼働率は100%近い安定したものですが、最悪の場合も想定したリスク管理をしなくてはなりません。

また現在ではどちらかというと、業者側のサーバダウンよりもプロバイダ・ユーザー側の回線問題の方が深刻視されています。
特に一瞬の間に値が動き、レートが変わってしまうスリッページを100%避けきるのは難しいと言えるでしょう。
もちろん安定したプロバイダ、確実な動作環境を整えることも大切です。
しかし最も大切なのは、スリッページ等での許容可能な範囲を予め決めておける業者を選択するということでしょう。

良い業者を選んだトレーダーと安易に業者を選んだトレーダーでは、その時点で取引結果に大きな差が付いているとも言えるのです。
逆に言えば、投資初心者でも良質なFX業者を選べば、良い結果に繋げていけるということになりますね。
業者についての情報収集や比較をしっかりと行って、FX取引を成功させましょう!